雨蛙の賦

台湾・嘉義インターンシップ日記

16. 芒果楽園

こんにちは、ゆうです。

 

台湾は最近日中35度近くまで温度があがってめちゃくちゃあついです。しかしまだ7月だからもう少しあがるらしいです。耐えられません。もうすぐ台風の季節になるそうで注意が必要ですね。

 

さて、前回書いた通りに一週間前に台湾マンゴーフェスティバルhttp://mango.farm.com.tw/index.php?lang=jp)に行ってきたのでその模様について書いていきます。

URLには日本語もありますが、「千人が文字を作るイベント」、「マンゴーBrunch軽食アイディアコンテスト」、「マンゴーピカソ」...

直球日本語訳とよくわからないイベントが並んでおります。

会場は台南市にある走馬瀬農場という場所で開催されるので会社の同僚とその弟と一緒に車で向かいます。

 

会場についたのは朝10時。すでに強い日差しが照りつけています。

駐車場から開会式やマンゴーの直売が行われている会場まで歩くだけでもう暑いです。開会式のスピーチはもちろん何をいってるかはわかりませんが、連れて行った人の話によると、マンゴーフェスティバルはマンゴーの輸入業者にとって見本市の役割もあるため各国から人が来ているみたいなことを言っていたそうです。

しかし特に聞いていても仕方ないし、何より露天で暑いので近くの建物に避難します。近くの建物にはおみやげものの販売や台湾原住民についての展示をしていました。

そこから少し歩いてマンゴーの品種や栽培方法についての展示を見たり、昆虫の標本館を見たりしていましたが、なんとも盛り上がりにかけます。

f:id:teruteru6225:20170624213719j:plain

(開会式の様子。)

f:id:teruteru6225:20170624213709j:plain

(各団体での露店でのマンゴーなどの販売ブース。暑い。)

f:id:teruteru6225:20170624213740j:plain

(マンゴー無料試食に並ぶ人々。無料と食欲は暑さをも超える。私たちは暑すぎるとスルー。)

f:id:teruteru6225:20170624213752j:plain

(牧場の中を歩く牛車。同僚によると子供のときは祖父母の家では牛車を使っていたらしい。)

 

マンゴーかき氷を食べたいと話していたのですが会場内のお店は露店なので、クーラーの聞いたところで食べたいということで、会場を出て、マンゴー栽培の町「玉井」に向かうことにしました。

玉井ではマンゴーかき氷を食べるほかにマンゴー市場にも行きます。

 

まずマンゴーかき氷のお店です。

地元の農協がやっているお店らしく、マンゴースイーツの他にふつうの食べ物もあります。11時にくらいについたのですが、かなり混んでいて昼食がくるまでにかなり時間がかかった上にオーダーが間違っていました。笑

そして昼食を取り終えてから、待ちに待ったマンゴーです。「マンゴーかき氷」、「マンゴーアイス」、「マンゴーパフェ」...

まさにマンゴー尽くしの中に「芒果楽園」というメニューがあったので何か聞いてみると、生のマンゴーを切ったものらしいです。

結局「芒果楽園」、「マンゴーパフェ」、「マンゴービール」を頼みました。まだあんまり甘くなってないマンゴーとのことですが、私には充分甘く感じました(後で家で熟したマンゴーを食べてその意味がわかる)。

 

f:id:teruteru6225:20170624213757j:plain

(お店の写真。かなり繁盛していた。)

f:id:teruteru6225:20170624213806j:plain

(芒果楽園。緑色のものはマンゴーピクルスでかなりすっぱい。)

f:id:teruteru6225:20170624213820j:plain

(マンゴービール。マンゴーのすりおろしが入っている。)

f:id:teruteru6225:20170624213831j:plain

(マンゴーパフェ。)

f:id:teruteru6225:20170624213822j:plain

(メニューはマンゴー尽くし。)

f:id:teruteru6225:20170624213835j:plain

(かき氷屋さんの隣ではマンゴーの箱詰め作業。)

f:id:teruteru6225:20170624213850j:plain

(箱に並べられたマンゴーを販売。)

f:id:teruteru6225:20170624213855j:plain

(箱による玉井の文字。)

 

そのあとはマンゴー市場です。

市場の中に入ると一面、マンゴーだらけです。ここは見ているだけでわくわくします。なんといってもマンゴーをはじめパイナップル、ライチなどフルーツの山です。同僚兄弟はここで山もりのマンゴーを買っていっぱい食べることが目的の1つだったらしく、マンゴーを1かご買っていました。

マンゴー市場を楽しんでから帰路につき、マンゴーを分けてもらいました。ふつうのマンゴーとふつうのマンゴーの二倍くらいのある黄色いマンゴーです(写真がない! )。

大きなマンゴーは品種が違い、ふつうのマンゴーよりしっとりした感じで、マイルドな甘さがします。私はこちらのほうが好みでした。

 

f:id:teruteru6225:20170624213904j:plain

f:id:teruteru6225:20170624213910j:plain

(マンゴー、マンゴー、マンゴー。マンゴー好きは歓喜の瞬間。)

f:id:teruteru6225:20170624213923j:plain

(マンゴー以外のフルーツも。)

玉井はマンゴーを使っての地方活性化を行っているようで、農協のやっているかき氷屋さんもその1つのようです。マンゴーを求めて人々が集まる玉井には確かな活気を感じました。マンゴーフェスティバルにももう少しがんばってほしいところです。笑 (後日調べるとマンゴーケーキコンテストなどの催しもやっていたらしい。)

 

以上「芒果楽園」玉井についての紹介いたしました。

もう7月ですね。台湾は相変わらず35℃くらいの猛暑ですが、きっと日本もそろそろ本格的な夏になるのでしょうね。

来る前は寒いの嫌いだから熱帯は天国だと思っていましたが、この暑さがまだあと3,4か月あると考えると、もう熱帯には住みたくありません。笑

ではまた!